AR# 32632

SPI-4.2 v9.1- ソース コアのマップ中に「ERROR:Place:909 - Regional Clock Net ''core_pl4_src_top0/tsclk_gp'' cannot possibly be routed...」というエラー メッセージが表示される

説明

SPI-4.2 ソース コアのマップ中に次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

"ERROR:Place:909 - Regional Clock Net "core_pl4_src_top0/tsclk_gp" cannot possibly be routed to component "core_pl4_src_top0/U0/cal0/TStat_d1<0>" (placed in clock region "CLOCKREGIONP_X1Y4"), since it is too far away from source BUFR "core_pl4_src_top0/U0/clk0/tsbr" (placed in clock region "CLOCKREGION_X1Y0")."

ソリューション

これは、MAP ツールで BUFR クロックでアクセスできるバンクに TStat* ピンを配置できないことが原因で発生します。

この問題を回避するには、BUFR コンポーネントを TStat ピンに関連する場所に手動で配置するのが 1 つの方法です。

または、ツールで使用されている BUFR でアクセス可能なバンクに TStat* ピンを手動で配置します。これは、UCF に制約として追加できます。

例 :
INST "TStat*" LOC = "Bank14";

この問題は、 11.3 で修正されています。

改訂履歴
2010 年 5 月 4 日 - 初期リリース
2009 年 4 月 7 日 - 修正済みバージョンを追加

AR# 32632
日付 04/07/2010
ステータス アクティブ
種類 一般