UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 32936

ModelSim - ModelSim および Questa を使用した SecureIP のシミュレーション方法

説明

ModelSim および Questa を使用して SecureIP はどのようにシミュレーションできますか。

ソリューション

ザイリンクスでは、Verilog LRM - IEEE 標準規格 1364-2005 で規定されている最新の暗号化手法を利用しています。 

PowerPC、MGT、PCIe などのハード IP のシミュレーション モデルでは、この手法が使用されます。

詳細は次を参照してください。

注記 : SecureIP は Verilog 規格なので、ModelSim および Questa には Verilog ライセンスが必要です。

Verilog ライセンスがない場合は、(ザイリンクス アンサー 33118) を参照してください。


ザイリンクスでは、SecureIP ライブラリを含むザイリンクス ライブラリをコンパイルする CompXlib というツールを提供しています。  

詳細はこちらから『コマンド ライン ツール ユーザー ガイド』を参照してください。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/dt_ise.htm

CompXlib はライブラリを自動的に設定します。Modelsim.ini ファイルはそれに合わせて編集されます。

ライブラリが CompXlib を使用してコンパイルされた場合は、Modelsim.ini ファイルに変更を加える必要はありません。


VSIM コマンドに必要なその他のオプション 

ザイリンクス ライブラリをコンパイルした後に ModelSim シミュレーションを実行する際に必要なオプションは、SecureIP ライブラリを指定する -L オプションのみです。 

vsim -t ps -L secureip -L simprims_ver work.<testbench> work.glbl 

  Project Navigator を使用し FDO ファイルの vsim コマンドに -L secureip オプションを追加するには、高度なシミュレーション プロパティの [Other VSIM Command Line Option] フィールドで -L secureip オプションを追加します。

SecureIP シミュレーションの実行に関する問題が発生した場合は、ザイリンクス テクニカル サポートからウェブ ケースを開いてください。


http://japan.xilinx.com/support/

AR# 32936
日付 02/18/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • ISE - 10.1
  • ISE Design Suite - 11.1
  • ISE Design Suite - 11.2
  • More
  • ISE Design Suite - 11.3
  • ISE Design Suite - 11.4
  • ISE Design Suite - 11.5
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • ISE Design Suite - 12.3
  • ISE Design Suite - 12.4
  • Less
このページをブックマークに追加