AR# 32953

11.3 タイミング解析 - Clock Uncertainty 式で CLKFX_MD_MAX 属性が正しく使用されない

説明

属性 CLKFX_MD_MAX では、M & D 値の最大比率を指定できます。この値は動的にプログラム可能で、タイミング解析でタイミング レポートに含まれる PERIOD 制約の Clock Uncertainty 値に使用できます。11.2 ではこの属性が使用されず、指定した M & D 値が常に使用されます。 

 

この問題はいつ修正されますか。

ソリューション

これは既知の問題です。この問題は、11.4 で修正されています。

AR# 32953
日付 05/23/2014
ステータス アーカイブ
種類 一般