AR# 33115

|

ライセンス - xilinxd demon のリターン ポートを指定する方法

説明


セキュリティ保護のため、ライセンス サーバーにあるすべてのポートを開放したままにすることはできません。ライセンス ファイルの SERVER 行 (例 : SERVER myserver 8888efef 2100) で指定されているポート (例 : 2100) のみを開放するようにしたいのですが、このポートをだけを開放しておくと、クライアントでライセンスをチェックアウトすることができません。

何が問題でしょうか。

ソリューション


ライセンス サーバー通信にはポートが 2 つ必要です。

1 つのポートは常にサーバー上のライセンス ファイルで指定されており、クライアントからの接続を lmgrd で受信するためのポートです。これは、ライセンス ファイルのローカル コピー、あるいは server@port の XILINXD_LICENSE_FILE またはLM_LICENSE_FILE 環境変数を使用して、同じポートのサーバーへの通信用にもコンフィギュレーションされています。

ファイアウォール コンフィギュレーションの場合、ファイアウォールでこのリスナー ポートも開放されるようにするため、リターン ポートも指定/固定されている必要があります。リスナー ポートを指定するには、「port=<#####>」という構文を使用してベンダー デーモン行のポートを指定します。次の例では、リスナー ポートとしてポート 2222 を使用するよう指定します。

__________________________________________________________

SERVER my_server DISK_SERIAL_NUM=80ffff96 2100

#

USE_SERVER

#

VENDOR xilinxd Port=2222

#

# This is a permanent license; it will never expire.

# Embedded_Edition comes from Part Number 0451306

INCREMENT Embedded_Edition xilinxd 2010.06 permanent 1 \

__________________________________________________________

リスナー ポートとリターン ポートの両方を指定する場合、目的のポートが使用可能であることを確認してください。

メモ : フローティング ライセンスには Daemon および Vendor 行は不要です。この 2 行を両方含めることは構文上有効ですが、指定ポートが使用されなくなる可能性があります。

例 : デーモン名、ロケーション、リターン ポートを指定するために、次の 2 行がライセンス ファイルに含められています。

DAEMON xilinxd C:\EDA\Licensing\xilinxd

VENDOR xilinxd PORT=2222

DAEMON 行は xilinxd を呼び出すために使用され、VENDOR 行でのポート指定は無視されます。
この場合、DAEMON 行を削除するか、またはコメント アウトし、デーモン ロケーションを VENDOR 行に追加します。

VENDOR xilinxd c:\EDA\Licensing\xilinxd.exe port=2222
AR# 33115
日付 03/04/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
People Also Viewed