AR# 33221

SP601 - 回路図で『Spartan-6 FPGA Packaging and Pinout Specifications』 および pkg ファイルと異なる XC6SLX16 I/O ネット名が指定される

説明

SP601 回路図の I/O ネット名と、『Spartan-6 FPGA Packaging and Pinout Specifications』 (UG385.pdf) および PKG ファイル間で矛盾がいくつかあります (この回路図は、http://japan.xilinx.com/sp601 から入手できます)。

たとえば、A16 ピンは SP601 回路図では IO_L30N_0_SCP0_A16 と表示されますが、ピン配置ファイル (http://japan.xilinx.com/support/packagefiles/s6packages/6slx16csg324pkg.txt) には、IO_L66N_SCP0_0 と記述されています。これは回路図の問題ですか。

ソリューション

『Spartan-6 FPGA Packaging and Pinout Specification』およびピン配置ファイルの I/O ピン名は、回路図で使用されるピン名を上書きします。ISE ソフトウェアは次のピン配置ファイルと同じである必要があります。

http://japan.xilinx.com/support/packagefiles/spartan-6-pkgs.htm

命名規則にこれらの違いがあっても、デザインのターゲットを SP601 開発プラットフォームにするのに影響はありません。
AR# 33221
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits