AR# 3323

SYNPLIFY - XC5200 で STARTUP をインスタンシエートする方法について

説明

キーワード : GR、Synplify、XC5200、VHDL、Verilog、startup

重要度 : 標準

概要 :
XC5200 のグローバル リセットは専用配線リソースを使用してデバイス内の全フリップフロップをリセットします。 HDL で STARTUP ブロックのリセット (GR) ピンを使用する方法について。

Synplify で Xilinx ファミリのライブラリを使用して STARTUP セルをインスタンシエートできます。
Xilinx 用セルのインスタンシエート方法の詳細については、(ザイリンクス アンサー #244) を参照してください。

ソリューション

1

-- This will work for XC5200, though the reset signal on the startup
-- block is labeled GR. Synplify will map GSR signal name to GR in
-- the netlist.

library IEEE;
use IEEE.std_logic_1164.all;
library xc4000;
use xc4000.components.all;

entity use_gr is
port (
reset : in STD_LOGIC
);
end use_gr;

architecture xilinx of use_gr is

begin

-- the signal reset initializes all registers using the
-- global STARTUP signal
U1 : STARTUP port map (GSR => reset);

end xilinx;

2

// This will work for XC5200, though the reset signal on the startup
// block is labeled GR. Synplify will map GSR signal name to GR in
// the netlist.

`include "/products/synplify.ver3_0/lib/xilinx/xc4000.v"

module use_gr (reset);
input reset;

// the signal reset initializes all registers using the
// global STARTUP signal
STARTUP U1 (.GSR (reset));

endmodule
AR# 3323
日付 09/10/2002
ステータス アーカイブ
種類 一般