AR# 33287

|

11.2 iMPACT - Platform Flash のプログラム プロパティに使用できないオプションがあり、FPGA プログラミング プロパティからは検証オプションが使用できない

説明

キーワード : JTAG, -parallel, selectmap, xcf32p, xcf16p, xcf08p, verify, erase, -load_fpga, パラレル, 検証, 削除

Platform Flash XCFxxP をプログラムする際に、[Programming Properties] ダイアログ ボックスで使用できないオプションがあります。使用できないオプションは、[Parallel Mode]、[Load FPGA]、[Verify]、[Erase] などです。

どうすれば、デバイスにこれらオプションを設定できますか。

FPGA をプログラムする際に、[Programming Properties] ダイアログ ボックスに [Verify] オプションが表示されません。

デバイスはどうすれば検証できますか。

ソリューション

これらの問題は、Platform USB Cable II を使用していると発生します。

Platform Flash のプログラム オプション

次の 2 つの方法で、Platform Flash に表示されなくなったオプションが使用できるようになる可能性があります。

- SVF ファイルを生成してプログラミングをします。 SVF モードでは [Parallel Mode] が使用できます。これで SVF ファイルを使用してフラッシュをプログラムできます。

- Platform Cable USB を使用します。まず iMPACT を閉じ、ケーブルを変更してから、iMPACT を再び起動してください。

FPGA Verify

FPGA を検証するには、[Operations] メニューまたは [Processes] ウィンドウのスタンドアロンの [Verify] オプションを使用できます。

どちらの問題も、iMPACT 11.3 で修正される予定です。
AR# 33287
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
People Also Viewed