AR# 33417

Spartan-6 FPGA MCB - 『Spartan-6 FPGA メモリ コントローラ ユーザー ガイド』 (UG388) の MIG で SP601/SP605 リファレンス ボード用のファイルが自動的に出力されるという記述は不正

説明

『Spartan-6 FPGA メモリ コントローラ ユーザー ガイド』 (UG388) の「Getting Started」セクションに、次のような記述があります。

The bitstream created from this example design flow can be targeted to a Spartan-6 FPGA SP601 or SP605 hardware evaluation board to demonstrate DDR2 or DDR3 interfaces, respectively. (日本語訳 : このサンプル デザイン フローで生成されたビットストリームは、Spartan-6 FPGA SP601 または SP605 ハードウェア評価ボードをターゲットにすることができ、それぞれ DDR または DDR3 インターフェイスを示します。) 

この説明は完全に正しいわけではありません。MIG で出力される UCF のクロック ピンおよびリセット ピンの割り当ては、SP601 および SP605 ボードと一致していません。

ソリューション

この問題を回避するには、出力された UCF ファイルのクロック ピンとリセット ピンの割り当てをターゲット リファレンス ボードの適切なピンに変更してください。 

IDS 11.4 でリリースされる MIG v3.3 では、SP601 および SP605 ボードの適切なクロック ピンおよびリセット ピンに割り当てられるようにする予定です。

AR# 33417
日付 08/29/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス