AR# 33443

MIG v3.2、Virtex-6 FPGA DDR2/DDR3 - Read Modify Write コマンドに関連付けられた Read コマンドが Auto-Precharge 付きの Read として発行される

説明

MIG v3.2 Virtex-6 FPGA DDR2/DDR3 デザインでは、Read Modify Write コマンドがサポートされます。

ただし、Read Modify Write コマンドに関連付けられた Read が Auto-Precharge 付き Read として発行されることがあります。

これによりバンクが閉じられ、コントローラーが関連する Write を同じロケーションに発行したときに、Activate コマンドがないため Write を完了できません。

ソリューション

この問題は常に発生するわけではありませんが、ORDERING が NORM および RELAXED に設定され、ECC が部分的なバイトのイネーブルに使用されると発生します。

この問題は、IDS 11.4 に含まれる MIG v3.3 で修正される予定です。
AR# 33443
日付 12/01/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP