UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 3372

Synplify - Spartan-XL、XC4000XLA/XV、Virtex の IOB で OE FF を合成する方法

説明

キーワード : Synplify, VirtexE, Virtex-E, Spartan-II, Spartan2

重要度 : 重要

概要 :
Synplify を使用して Spartan-XL、XC4000XLA/XV、Virtex の IOB で OE FF を合成する方法

ソリューション

Spartan-XL および XC4000XLA/XV デバイスの場合、ハード マクロとして処理する方法が バージョン 1.5i で導入されています。 詳細については、(Xilinx Answer 5140) を参照してください。

このフリップフロップの使用方法については、アプリケーション ノート『Using Three-State Enable Register in 4000XLA/XV, and Spartan-XL FPGAs』(Xilinx XApp123) を参照してください。

Virtex の場合、このフリップフロップはジェネリック (anonymous) であるため、MAP でこのフリップフリップが IOB ロケーションにマップされれば、問題はありません。 現在の Virtex の MAP では、フリップフロップに IOB=TRUE 属性が付いていれば、自動的に IOB ロケーションにマップされます。 Virtex の IOB フリップフロップの詳細については、(Xilinx Answer 5675) を参照してください。

Synplify には、HDL で属性が自動的に渡される機能はありません。 XC4000XLA/XV および Spartan-XL ファミリへのフリップフロップのマージについては、(Xilinx Answer 2867) を参照してください。

Virtex/Virtex-E および Spartan-II ファミリへのフリップフロップのマージについては、(Xilinx Answer 9178) を参照してください。
AR# 3372
日付 12/15/2012
ステータス アーカイブ
タイプ 一般