AR# 33728

11.3 ライセンス- 無償のライセンスが付与されている IP コアを生成またはインプリメンテーションできず「No license for component <IP coren name> found」というエラー メッセージが表示される

説明

キーワード : Coregen, License, xlicmgr, status, Free, License, Virtex6 pcie, PCIe_BLK_PLUS, pcie_blk_plus_v1, XAUI, xaui_v6, xaui_v3_0, xaui_v8, xaui_v5_0, xaui_v7, xaui_v4_0, RGB2YCRCB, v_rgb2ycrcb, v_rgb2ycrcb_v2, S6_PCIe, s6_pcie_v1, Virtex-4_EMAC, v4_emac_v4, V5_EMAC, v5_emac_v1 , V6_EMAC, v6_emac_v1, V6_PCIe, v6_pcie_v1, YCRCB2RGB, v_ycrcb2rgb, v_ycrcb2rgb_v2, XilinxFree.lic, ライセンス, ステータス, 無償, ライセンス

次にリストされている LogiCORE コアのいずれかのライセンス ステータスを開いて確認すると、次のいずれかのエラー メッセージが表示されます。

No license for component <IP coren name> found. You may use the customization GUI for this component but you will not be able to generate any implementation or simulation files.

Invalid - FLEXlm Error: No such feature exists. (-5,21)

PCIe_BLK_PLUS
XAUI
RGB2YCRCB
S6_PCIe
Virtex-4_EMAC
V5_EMAC
V6_EMAC
V6_PCIe
YCRCB2RGB

ソリューション

上記の IP コアは無償で、ライセンスは ISE ソフトウェア 11.3 リリースの $Xilinx/coregen/core_licenses/XilinxFree.lic ファイルに含まれています。

ISE ソフトウェア 11.3 以前のリリースでは、これらのコアのライセンスを取得するのに登録が必要でした。以前に取得したライセンスが無効かまたはバージョン制限日が現在のリリース以前で、かつライセンス検出順で以前に取得したライセンスが XilinxFree.lic ファイルより先に検出されると、XilinxFree.lic ファイルは検出されません。

IP のライセンス検出順に関する質問は、http://japan.xilinx.com/tools/faq.htm から [ライセンス ファイルの使用] -> [xlicmgr (CORE Generator と IP コア ライセンスに使用) でライセンスの検索に用いられる順序とロケーションは ? ] を参照してください。

この問題を修正するには、次の 2 つを実行します。
1. IP のライセンス検出ディレクトリおよびファイルからこれらコアに対して以前に取得したライセンスを削除します。
2. XILINXD_LICENSE_FILE キャッシュをリセットします。これには、コマンド ウィンドウで「xlicmgr reset」を実行するか、または CORE Generator の GUI で [Refresh FLEXIm Cache] をクリックします。

古いライセンス ファイルを変更したり削除する権限がない場合は、XILINXD_LICENSE_FILE 環境変数で $Xilinx/coregen/core_licenses/XilinxFree.lic を設定するとこの問題を回避できます。

例 : setenv XILINXD_LICENSE_FILE=c:\xilinx\11.1\ISEcoregen\core_licenses\XilinxFree.lic;%XILINXD_LICENSE_FILE%

AR# 33728
日付 10/27/2011
ステータス アーカイブ
種類 一般
ツール