AR# 33751

LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction (MANR) - リリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーは、CORE Generator LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction のリリース ノートです。

コアの各バージョンについて、次の情報が掲載されています。

  • 新機能
  • 修正点
  • 既知の問題

注記 : 新規デザインには推奨されません。  このコアは、2014.1 の IP カタログからは削除されています。

モーション アダプティブ ノイズ リダクションに関するソリューションは、ザイリンクスの IP パートナーである Xylon にご連絡ください。

ソリューション

LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction の一般的な問題

(Xilinx Answer 34828) EDK で Video IP pCore をシミュレーションする方法を教えてください。

LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction v5.01.a
  • ISE Design Suite 14.4、Vivado 2012.4 でリリース
サポートされるデバイス (ISE)
  • すべての 7 シリーズ デバイス
  • すべての Virtex-6 デバイス
  • すべての Spartan-6 デバイス
サポートされるデバイス (Vivado)
  • すべての 7 シリーズ デバイス
新機能
  • Zynq デバイスでの 1080p60 サポートのためタイミングを改善
  • エラー、ステータス、割り込み要求レジスタ機能を拡張
修正された問題 (ISE)
  • なし
修正された問題 (Vivado
(Xilinx Answer 50909) 2012.2 Vivado シミュレータ - IP に対して Vivado シミュレータでビヘイビアー シミュレーション フローを使用すると、エラーまたはデータの不一致が発生する
既知の問題 (ISE)
  • なし
既知の問題 (Vivado)
  • なし


LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction v5.00.a

  • ISE Design Suite 14.2、Vivado 2012.2 でリリース

サポートされるデバイス (ISE)

  • すべての 7 シリーズ デバイス
  • すべての Virtex-6 デバイス
  • すべての Spartan-6 デバイス

サポートされるデバイス (Vivado)

  • すべての 7 シリーズ デバイス

新機能

  • AXI4Lite のクロックおよびリセットを追加
  • AXI4Lite <-> その他のドメインの CDC がインターコネクトではなく、コア内で処理されるように変更

修正点

  • なし

既知の問題 (ISE)

  • なし

既知の問題 (Vivado)

(Xilinx Answer 50909) 2012.2 Vivado シミュレータ - IP に対して Vivado シミュレータでビヘイビアー シミュレーション フローを使用すると、エラーまたはデータの不一致が発生する


LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction v4.00.a

  • ISE Design Suite 14.1、Vivado 2012.1 でリリース

サポートされるデバイス (ISE)

  • Virtex-7
  • Kintex-7
  • Artix-7
  • Zynq-7000
  • Virtex-6
  • Spartan-6

サポートされるデバイス (Vivado)

  • Virtex-7
  • Kintex-7
  • Artix-7
  • Zynq-7000

新機能

  • ISE 14.1 Design Suite をサポート
  • Virtex-7、Kintex-7、Artix-7、および Zynq-* をサポート
  • 入力および出力インターフェイスに対し、AXI4-Stream インターフェイスを介したビデオをサポート
  • プロセッサ インターフェイスに対し、AXI4-Lite バス インターフェイスをサポート
  • Motion 用に別の AXI4Stream 出力インターフェイス
  • 独立した Chroma Motion 転送ファンクション表
  • 5 つのプリロードされた MTF 表
  • 修正点
  • なし

既知の問題

  • なし

LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction v2.0

  • ISE Design Suite 13.1 でリリース
サポートされるデバイス
  • Virtex-6 XC CXT/LXT/SXT/HXT
  • Virtex-6 XQ LXT/SXT
  • Virtex-6 -1L XC LXT/SXT
  • Spartan-6 XC LX/LXT
  • Spartan-6 XA
  • Spartan-6 XQ LX/LXT
  • Spartan-6 -1L XC LX
  • Virtex-5 XC LX/LXT/SXT/TXT/FXT
  • Virtex-5 XQ LX/ LXT/SXT/FXT
  • Spartan-3A DSP
新機能
  • AXI Lite インターフェイスを pCore に追加し、PLB インターフェイスを削除
修正点
  • VFBC インターフェイスを GPP で使用できるようになりました。
既知の問題
  • なし

LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction v1.1

(Xilinx Answer 35313) に v1.1 rev1 パッチがあります。

このパッチは、(Xilinx Answer 38597) にリストされている問題を修正する目的で提供されています。

  • ISE Design Suite 12.3 でリリース
新機能
  • コア バージョン レジスタを追加
  • ISE 12.3 ソフトウェアをサポート
修正点
(Xilinx Answer 35395) Spartan-6 FPGA のコアは、ブロック RAM メモリに関する問題が発生する可能性があるので、ISE 12.1 以降のバージョンで作成する必要があります。
  • CR566512 : コアが正しく生成されません。 XMANR.vhd は配布されていません。
既知の問題
(Xilinx Answer 38597) pCore インターフェイスを使用すると Motion Adaptive Noise Reduction が非常に大きくなるのはなぜか。

LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction v1.0

  • ISE Design Suite 11.4 でリリース
新機能
  • ISE 11.4 ソフトウェアをサポート
  • 初版
修正点
  • なし

既知の問題

(Xilinx Answer 35395) Spartan-6 FPGA のコアは、ブロック RAM メモリに関する問題が発生する可能性があるので、ISE 12.1 以降のバージョンで作成する必要があります。

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

AR# 33751
日付 08/03/2018
ステータス アーカイブ
種類 リリース ノート
IP