AR# 33803

MIG v3.3、Virtex-6 FPGA、DDR2/DDR3 - データ マスクを使用して個々のバイトをマスクすると、Read Modify Write コマンドが正しく実行されない

説明

MIG v3.3 Virtex-6 FPGA DDR2/DDR3 デザインでは、Read Modify Write コマンドがサポートされています。

部分データ マスクを使用しているときにこのコマンドを実行すると、変更されたデータがメモリに書き込まれません。

ソリューション

これは、MIG v3.3 の既知の問題で、シミュレーションおよびハードウェアの両方に影響します。

この問題を回避するには、部分データ マスクを使用しているときに read-modify-write コマンドを実行しないでください。

この問題は、ISE Design Suite 12.1 でリリースされる次のバージョンの MIG で修正される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33706 MIG v3.3 - ISE Design Suite 11.4 でのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 33803
日付 08/20/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP