AR# 34028

Virtex-6 GTX Transceiver - Instantiating a dummy transceiver to allow for correct calibration

説明

The Virtex-6 FPGA GTX Transceiver User's Guide (UG366) indicates that if any transceivers are going to be used in the device, the first quad to be utilized should be QUAD_115. This is due to the resistor calibration being located in GTX0 in QUAD_115. If a design has been implemented that does not utilize this GTX in this quad, the calibration information will not be propagated correctly to the transceivers that are being used and could lead to data errors. This answer record discusses how to implement a dummy instance at QUAD_115 to ensure that the resistor calibration circuit is enabled correctly.

It is not yet mentioned in UG366 that it specifically has to be GTX0 that is instantiated in QUAD_115. This is to be added in a future update to the user guide.

ソリューション

Virtex-6 GTX Transceiver Wizard では、[NO TX] および [NO RX] の両方をオンにして、トランシーバの TX 側と RX 側の両方をディスエーブルにし、消費電力を削減できます。 生成されたラッパには、差動 TX ピン 2 つと差動 RX ピン 2 つの 4 つのポートのみが生成されます。 これらはデザインの最上位に入力 (RX) および出力 (TX) として配線され、トランシーバが最適化により削除されないようになっています。

GTX トランシーバが QUAD_115 の GTX0 に正しく配置されている場合は、パッケージ配置情報および QUAD_115 のトランシーバの使用法について『Virtex-6 FPGA GTX トランシーバ ユーザー ガイド』を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33475 Virtex-6 FPGA GTX トランシーバー - 既知の問題およびアンサー レコードのリスト N/A N/A
AR# 34028
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略