AR# 34149

LogiCORE FIR Compiler - 再読み込み可能な転置型 FIR 構造を構築すると、Spartan-3A DSP デバイスをターゲットとした場合にビヘイビア シミュレーション結果と配置配線後のシミュレーション結果が異なる

説明

再読み込み可能な転置型 FIR 構造を構築すると、Spartan-3A DSP デバイスをターゲットとした場合にビヘイビア シミュレーション結果と配置配線後のシミュレーション結果が異なります。

ソリューション

この問題は、FIR Compiler v5.0 で修正されています。

LogiCORE IP FIR Compiler のリリース ノートと既知の問題のリストは、(Xilinx Answer 29138) を参照してください。


AR# 34149
日付 01/18/2010
ステータス アクティブ
種類 一般
IP