"> AR# 3416: 12.1 制約 - 特定スライスにインスタンスをロック (LOC) する方法

UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 3416

12.1 制約 - 特定スライスにインスタンスをロック (LOC) する方法

説明

特定スライスにインスタンスをロックするにはどうすればよいでしょうか。

詳細は、(ザイリンクス アンサー 2449)(ザイリンクス アンサー 6662)、および (ザイリンクス アンサー 3753) を参照してください。

ソリューション

UCF ファイルに次の内容を挿入します。

INST [instance] LOC=SLICE_XnYm;

ここで、

- INST は属性またはインスタンスをつけるための M1 で使用されるキーワードです。

- [instance] はインスタンスの参照です。フリップフロップ、FMAP、HMAP など有効なインスタンスのリストは『ライブラリ ガイド』を参照してください。

- Xn は行番号です。

- Ym は列番号です。

例 :

INST U45 LOC=SLICE_X5Y2;

詳細はこちらからアクセスできる『制約ガイド』を参照してください。

http://japan.support.xilinx.com/support/software_manuals.htm

タイミング制約の詳細は、 『Timing Constraints User Guide』を参照してください。http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf

AR# 3416
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般