AR# 34285

MIG デザイン アシスタント - Virtex-6 の合成およびインプリメンテーション

説明

このアンサーは、MIG デザイン アシスタントの一部で、Virtex-6 DDR3/DDR2 デザインの合成およびインプリメンテーションについて説明します。特定の質問に関する情報を次のオプションから選択してください。

メモ : このアンサー レコードは、ザイリンクス MIG ソリューション センタ (ザイリンクス アンサー 34243) の一部です。ザイリンクス MIG ソリューション センタ には、MIG に関するすべての質問についての回答が含まれます。MIG を含むデザインを新しく作成する場合、または問題のトラブルシュートをする場合は、このザイリンクス MIG ソリューション センタ から情報を入手してください。

ソリューション

使用法 :

MIG Virtex-6 デザインには、出力ディレクトリの example_design/par および user_design/par ディレクトリにスクリプト ファイル (ise_flow.bat) が含まれています。これは、MIG デザインをインプリメントするための推奨フローです。このスクリプト ファイルでは、デザインを実行するためのインプリメンテーションのオプション (XST、MAP、PAR オプション) がすべて設定されます。

create_ise.bat スクリプト ファイルも出力ディレクトリ example_design/par および user_design/par に含まれています。このファイルは、MIG の RTL/UCF ファイルすべてが追加されてインプリメンテーション オプションが正しく設定された .ise プロジェクト ファイルを生成するのに使用されます。このファイルを実行して .ise プロジェクトを作成してから、ユーザー ロジックを追加する必要があります。

エラー

一般的なエラー解析 :

  • 合成中にエラーが発生した場合は、出力 RTL またはコアのデザインへのインスタンシエーションを確認して、必要があるときは変更します。
  • NGDBuild 中にエラーが発生した場合は、UCF に含まれる出力制約を確認して、必要があるときは変更します。MIG コアで提供されている制約のすべてが必要です。変更する必要があるのは、ユーザー デザインから MIG 制約へのパスのみです。
  • MAP/PAR 中にエラーが発生した場合は、ピン配置、一般的な MIG 制約、または配置を定義している RTL パラメータが変更されています。変更を確認して、MIG デザイン アシスタントのピン配置/バンキング セクションを参照してください。
MIG Virtex-6 DDR3/DDR2 デザインでの合成およびインプリメンテーション デバッグ手順については、次を参照してください。


アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 34285
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP