AR# 34385

ML605 - FMC カードを使用する際には、IIC プルアップ抵抗が必要

説明

FMC ドーター カードを使用して ML605 評価キットに I2C LPC インターフェイスをインプリメントする場合は、ML605 またはドーター カードのいずれかに適切なプルアップ抵抗が付いているかどうか確認する必要があります。

ソリューション

FMC ドーター カード付きの ML605 を使用している場合は、次の手順にしたがってください。

I2C LPC インターフェイスは、トランジスタ Q26 と Q27 に SCL および SDA 信号ライン用のプルアップ抵抗が必要です。
ML605 ボードを確認して、IIC プルアップ抵抗が付いているかチェックしてください。

付いていない場合は、FMC メザニン カードの回路図を確認して、これらの信号ラインに抵抗が含まれているかをチェックしてください。 ここに抵抗が含まれている場合は、変更しなくても仕様を満たすことができます。

ML605 ボードと FMC カードのいずれにも SCL と SDA 信号ラインに抵抗が付いていない場合は、Q26 のリード 1 とリード 2 の間に 2kΩの抵抗を付け、また Q27 のリード 1 とリード 2 の間にも 2kΩの抵抗を付けてください。

詳細は下図を参照してください。

Article 34385
Article 34385
AR# 34385
日付 03/19/2010
ステータス アクティブ
種類 一般