AR# 34404

SP605 回路図 - PCI Express Endpoint のコネクティビティのセクションに PCIE_125M_N ではなく PCIE_250M_N というクロック ネットが表示されている

説明

28 ページにある SP605 の回路図 (xtp067) には次の名前の差動クロック出力のあるデバイス ics874001 が記述されていています。

PCIE_250M_N
PCIE_250M_P

これはつまり SP605 の PCIe クロックが 250MHz で実行できるということですか。

ソリューション

SP605 の回路図では、オシレータの出力を 125MHz クロック に定義する F_SEL1 = 0 および F_SEL0 = 1 という設定になっています。データシート (http://japan.xilinx.com/products/boards/ml510/datasheets/ics874001.pdf) でも同じことが記載されています。ネット名は間違っていて 250MHz は選択できませんが、キットに含まれるリファレンス デザインで予期されるとおりに機能します。

SP605 の PCIE_250M_N / PCIE_250M_P のぺアでは 125MHz がサポートされています。
AR# 34404
日付 04/21/2011
ステータス アクティブ
種類 一般