AR# 34658

XPS_LL_TEMAC および PHY TYPE パラメーターの変更

説明


xps_ll_temac をあるモード (MII、GMII、RGMII v1.3、RGMII v2.0、SGMII、または 1000Base-X) で使用してから別のモードに変更すると、MHS で最上位ポートが残され、xps_ll_temac のポートは削除されます。


ソリューション


ある TEMAC_TYPE から別の TEMAC_TYPE に変更した場合、関連付けられている TEMAC ポートをすべて、MHS 最上位の使用されないモード部分から削除する必要があります。

各 C_TEMAC_TYPE (MII、GMII、RGMII v1.3、RGMII v2.0、SGMII、または 1000Base-X) の信号は、xps_ll_temac データシートにあります。
$XILINX\EDK\hw\XilinxProcessorIPLib\pcores\xps_ll_temac_v*\doc\

また、UCF ファイルも選択したモードでアップデートする必要があります。詳細は、(ザイリンクス アンサー 32713) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 34658
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
IP
Boards & Kits