AR# 34683

11.x/12.x ChipScope、Virtex-6 - IBERT パラメータのスイープ テストでエラーがアイの中央に表示される

説明

IBERT として知られている ChipScope Pro Serial I/O Tool Kit には、Virtex-6 FPGA GT のさまざまな属性をスイープする機能があります。アイからデータ サンプル ロケーションをスイープすると、データ アイの中央でエラーが発生する可能性があります。Virtex-6 FPGA のスイープ テストで IBERT 2.0 に問題があります。サンプリング ポイントはテスト中に移動されていないので、スイープ テストが開始されたときにチャネルで使用されるポイントがアイ スイープの幅に関係なく使用されているようです。

ソリューション

この問題を回避するには、スライダを使用して手動でサンプリング ポイントを設定し、BER を観察して最適な値を決定します。この問題は、今後のリリース修正される予定です。
AR# 34683
日付 04/27/2010
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
ツール 詳細 概略