AR# 34704

|

Spartan-6 - PLL DRP を使用すると Post Config CRC エラーが発生する

説明

PLL DRP を Spartan-6 FPGA デザインで使用すると、Post Config CRC チェックでエラーが発生します。なぜですか。Post Config CRC および PLL DRP を同時に使用できますか。

ソリューション

PLL DRP の使用はマスクされていないため、PLL が少しでも変更されると CRC エラーが発生します。DRP 書き込み中に CRC チェックを一時停止してもこの問題を回避できません。値がそれでもチェックされ、次の CRC チェックがゴールデン CRC 値と一致しません。
AR# 34704
日付 03/11/2010
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
People Also Viewed