AR# 34873

PCI Express のデザイン アシスタント - trn_lnk_up_n および trn_reset_n を使用したシステム認識およびリンク トレーニング問題のデバッグ方法

説明


このアンサーでは、trn_reset_n および trn_lnk_up_n を使用してデバイス認識およびリンク トレーニング問題をデバッグする方法について説明します。

メモ : このアンサーは、PCI Express のザイリンクス ソリューション センタ (ザイリンクス アンサー 34536) から抜粋したものです。 PCI Express のザイリンクス ソリューション センタには、PCIe に関するすべての質問が集められています。PCI Express を使用した新規デザインを開始したり、問題をトラブルシュートする場合には、この PCI Express のソリューション センタから正確な情報を入手してください。

ソリューション


trn_reset_n 信号はリセット シーケンスが終了したことを示し、trn_lnk_up_n のアサートはリンクがトレインされていることを示します。

trn_reset_n 信号はリンクがトレインできるようになる前にディアサート (ロジック 1) にする必要があります。 trn_reset_n がディアサートしない理由については、(ザイリンクス アンサー 34894) を参照してください。

trn_reset_n が正しくディアサートされているのに、trn_lnk_up_n がアサートされない場合は、(ザイリンクス アンサー 36137) を参照してください。

改訂履歴
2010 年 08 月 13 日 - 初期リリース

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 34873
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP