AR# 35065

LogiCORE IP Tri-Mode Ethernet MAC v4.4 以前 - Spartan-6 FPGA のブロック RAM パラメータを指定するとシミュレーション中にメモリの競合が発生して動作が不正になる

説明

LogiCORE Tri-Mode Ethernet MAC のバージョン 4.4 以前で Spartan-6 FPGA をターゲットとすると、サンプル デザインのローカル リンク FIFO でブロック RAM の競合が発生します。

アドレスが重複している場合、状況によっては、Spartan-6 FPGA のブロック RAM が破損する可能性があります。 詳細は、『Spartan-6 FPGA SelectIO リソース ユーザー ガイド』 (UG383) を参照してください。
http://japan.xilinx.com/support/documentation/spartan-6_user_guides.htm

ソリューション

example_design/fifo サブディレクトリに rx_client_fifo.v[hd] および tx_client_fifo.v[hd] というファイルがあります。これらのファイルには、それぞれ RAMB16_S9_S9 プリミティブがあり、WRITE_MODE_A および WRITE_MODE_B という属性が含まれています。この問題を回避するには、WRITE_MODE_A および WRITE_MODE_B の値を READ_FIRST から WRITE_FIRST に変更してください。

この問題は、ISE デザイン ツール 11.5 でリリースされたバージョン 4.3 rev2 で修正されていますが、12.1 でリリースされたバージョン 4.4 のコアでは発生します。この問題は、コアの次のバージョンで修正される予定です。
AR# 35065
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール 詳細 概略
IP