AR# 35389

12.1 CORE Generator - CORE Generator のインターフェイスから Java のメモリ サイズを変更できない

説明

CORE Generator で [File] → [Preferences] をクリックして左のボックスから [Java] を選択し、[Memory available for Java] を 5 つある標準値の 1 つまたは [Custom] を選択して任意の値に変更しました。

Java プロセスに割り当てられているメモリ量は変わりません。

このため、次のいずれかの状況が発生します。

  • デフォルトのメモリ量が IP コアには小さすぎる場合、メモリ不足になる。
  • システムでデフォルトのメモリ量を割り当てることができない場合、「Unable to create Java Virtual Machine」というエラー メッセージが表示される。

ソリューション

ISE Design Suite 12.1 では、CORE Generator のプリファレンス設定が正しく機能していません。

この問題を回避するには、コマンド ラインに「coregen -J Xmx」と入力して CORE Generator ツールを起動します。
coregen -J Xmx####m 

「####」は割り当てるメモリ量をメガバイトで示します。

 
 coregen -J Xmx384m  
coregen -J Xmx256m  
coregen -J Xmx1234m  
coregen -J Xmx2056m 


JAVA のメモリ ヒープ サイズを設定するには、JAVA_TOOL_OPTIONS 環境変数を使用することもできます。



set JAVA_TOOL_OPTIONS=-Xmx720m 

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 35389
日付 10/10/2014
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール