AR# 35395

LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction v1.0 - Spartan-6 用のコアは、ブロック RAM メモリに関する問題が発生する可能性があるため 12.1 以降で生成する必要がある

説明

Motion Adaptive Noise Reduction v1.0 の Spartan-6 FPGA 用のコアは、ブロック RAM メモリに関する問題が発生する可能性があるので、ISE 12.1 以降のバージョンで作成する必要があります。

ソリューション

これらの問題は ISE Design Tools 12.1 で修正されているので、Motion Adaptive Noise Reduction v1.0 は 12.1 以降で再生成することをお勧めします。


11.4 および 11.5 の Motion Adaptive Noise Reduction v1.0 では、次のアンサーで説明されているメモリの初期化に関する問題が発生する可能性があります。

(ザイリンクス アンサー 34659) Spartan-6 FPGA ブロック RAM - BRAM の出力レジスタが最初のコンフィギュレーション後に正しく初期化されない

(ザイリンクス アンサー 34712) Spartan-6 FPGA ブロック RAM のデザイン アドバイザリ - 9K Simple Dual Port (SDP) ブロック RAM の初期化が正しくない

 

LogiCORE Motion Adaptive Noise Reduction のリリース ノートおよび既知の問題については、(ザイリンクス アンサー 33751) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
33751 LogiCORE IP Motion Adaptive Noise Reduction (MANR) - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 35395
日付 05/26/2014
ステータス アーカイブ
種類 一般
IP