UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 35696

Spartan-6 SSO 制限の表 - ノイズ マージンの関係

説明


Spartan-6 FPGA データシート v3.0 の表 34 で、駆動オプションが高い方が SSO 値が高くなることがあるのはなぜですか。

http://japan.xilinx.com/support/documentation/data_sheets/ds162.pdf

ソリューション


表 32 の SSO 値は、aggressor および victime を含む、すべてのピンに共通する IOSTANDARD の駆動電流を想定しています。
駆動電流の高い victim は、ノイズ マージンがより高いため、より好ましい場合があります。したがって、この表はバンク全体で同一の IOSTANDARD が使用されている場合に最適です。

その他のケースについては、PlanAhead 12.4 以降のリリースで混合規格に対応する予定です。
AR# 35696
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
このページをブックマークに追加