AR# 35748

PCI Express のデザイン アシスタント - trn_trem_n を間違って使用すると不正に生成された TLP が送信されることがある

説明

ユーザー アプリケーションで、不正に生成された TLP が送信されないように trn_trem_n を正しく設定する必要があります。

メモ : このアンサーは PCI Express ザイリンクス ソリューション センタ (ザイリンクス アンサー 34536) の一部です。PCI Express のザイリンクス ソリューション センタには、PCIe に関する質問への回答が掲載されています。PCIe を使用したデザインを新しく作成する場合や、問題をトラブルシュートする場合には、この PCIe のソリューション センタから情報を入手してください。

ソリューション

パケット送信中に trn_trem_n を正しく使用する方法についてはユーザー ガイドを参照してください。この信号はフレーム サイクルの最後に有効なデータがどれぐらいあるのかをコアに通知するのに使用されます。該当するユーザー ガイドの入手方法は、(ザイリンクス アンサー 35920) を参照してください。この信号を正しく使用しないと、TLP ヘッダにある長さに一致しないペイロードの TLP が生成される可能性があります。場合によっては、これがリンク パートナーに送信されてしまい、致命的なエラーが発生する状況になったり、システムが停止する可能性があります。

改訂履歴
2010 年 08 月 13 日 - 初期リリース

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

AR# 35748
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP