UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 35818

Spartan-6 FPGA のデザイン アドバイザリ - DDR2 インターフェイスのメモリ コントローラー ブロック (MCB) のパフォーマンス変更

説明

Spartan-6 メモリ コントローラー ブロック (MCB) では、DDR2 インターフェイス用に新しいデータ レート仕様およびパフォーマンス モードがあります。これらの仕様は、『Spartan-6 FPGA データシート : DC 特性およびスイッチ特性』 v1.5 (DS162) に指定されています。

注記 : これらのデータ レートの変更は DDR3 インターフェイスには該当しません。詳細は、(ザイリンクス アンサー 41520) を参照してください。

ソリューション

Spartan-6 MCB のパフォーマンスは 2010 年 6 月に変更されています。MCB を全 VCCINT 動作範囲内で標準パフォーマンス モードで動作させる場合、DDR2 および DDR3 の最大データ レート仕様は下がります。VCCINT の範囲を狭くし、元のデータ レートで DDR2 および DDR3 インターフェイスを動作できる新しい拡張パフォーマンス モードも追加されています。新しいパフォーマンス仕様およびモードの詳細を、次の表に示します。DDR および LPDDR (モバイル DDR) パフォーマンスは変更されていません。



既にプロダクションの LX16 および LX45 デバイスのプロダクション エラッタ (EN148) および PCN 通知 (XCN10024) には、既にこの変更が含まれています。

対象デバイスのリストにはいくつか例外があります。
  • この変更以前のプロダクション デバイスは、元の仕様を満たしています。JTAG ID リビジョン コード 2 の LX16 および LX45 -2C がこれに含まれます。PDN 通知 (XCN10024) を参照してください。これらのデバイスは入手不可能であり、特注もできません。新しい仕様を満たすようにデザインをアップデートする必要があります。
  • 低消費電力 Spartan-6 -1L デバイスはまだ対象となっておらず、パフォーマンスに変更はありません。
  • LX4 デバイスおよび TQG144 と CPG196 のデバイスでは、MCB はサポートされていないので影響はありません。

回避策

特定のスピード グレードの周波数をターゲットにする予定であったデザインで、 拡張パフォーマンス モードになったものでは、次の 2 つのオプションがあります。

  • スピード グレードを上げます。
  • VCCINT を 1.20V から 1.26V の拡張パフォーマンス モードに変更します。

VCCINT の範囲 1.20V ~ 1.26V は 1.23V +/- 2.5% です。さまざまなレギュレータでこの動作範囲がサポートされています。1.23V の公称 VCCINT の場合、公称 ICCINT が高くなります。(ザイリンクス アンサー 35866) を参照してください。

ソフトウェア サポート

ISE 12.1 には元のタイミング仕様が反映されています。MIG/MPMC ツールを使用する場合、使用されるスピード グレードおよび VCCINT 範囲に基づいて、インターフェイスに対し有効なパフォーマンス制限が指定されていることを確認してください。

ISE 12.2 ソフトウェアでは、MIG/MPMC の選択値およびスピード ファイルの両方で新しいタイミング仕様が使用されます。CONFIG 制約を使用して、標準 MCB パフォーマンスで 1.14V ~ 1.26V の VCCINT 範囲を使用するか、または拡張 MCB パフォーマンスで 1.20V ~ 1.26V の範囲のを使用するかを指定できます。この制約は、ISE 12.2 ソフトウェアで提供される MIG の GUI での選択値に基づき、自動的に UCF ファイルに挿入されます。MPMC を使用する場合は、UCF に制約を手動で追加する必要があります。

この新しい制約は、ISE 12.2 以降のバージョンで使用してください。
CONFIG MCB_PERFORMANCE = STANDARD| EXTENDED

元の仕様と新しい仕様でテストされたデバイス

元の仕様でテストされたデバイスは LX16 および LX45 -2C デバイスに限られます。これらのデバイスは JTAG ID リビジョン コードが 2 になっています。 LX16 および LX45 -2C デバイスで JTAG ID リビジョン コードが 3 のものは、新しい仕様でテストされています。マスク リビジョン コードはどちらも同じです。元の仕様でテストされているデバイスは入手不可能であり、発注できません。

ほかのすべての Spartan-6 デバイスは、上記の表および『Spartan-6 FPGA データシート : DC 特性およびスイッチ特性』 (DS162) にリストされている 新しい仕様で特性評価されています。
http://japan.xilinx.com/cgi-bin/docs/ndoc?t=data+sheet;v=Spartan-6

その他の参考資料

MCB に関連する最新および重要なアンサーのリストは、次を参照してください。

(ザイリンクス アンサー 33566) DDR3、DDR2、DDR、Spartan-6 FPGA MCB、 RPDRAMII、QDRII+、QDRII、DDRII コアを含む MIG のデザイン アドバイザリ
(ザイリンクス アンサー 34587) MIG v3.4 - ISE Design Suite 12.1 でのリリース ノートおよび既知の問題
(ザイリンクス アンサー 34609) 12.x EDK - アンサーのリスト

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

AR# 35818
日付 11/15/2012
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Spartan-6 LX
  • Spartan-6 LXT
ツール
  • ISE Design Suite - 12.1
IP
  • MIG
  • Multi-Port Memory Controller (MPMC)
このページをブックマークに追加