AR# 3590

Foundation XVHDL, CPLD:グローバル信号 (トライステート、セット/リセット、クロック) の設定方法

説明

キーワード:cpld,bidirectional,tristate,set,reset,GTS,GSR,双方向,トライステート,セット,リセット


重要度 :標準

概要:
CPLD デザインでは、グローバル属性を追加することで、信号をグローバル セット/リセット、出力イネーブル、またはクロックに割り当てることができます。
Foundation の XVHDL を使う場合、これはどのように設定しますか。
設定方法は、Foundation のヘルプに記載されています。

ソリューション

Foundation の Project Manager の [Help] メニューから [Foundation Help Contents] をクリックします。グローバル信号の属性に関する情報は、2 か所に記載されています。
1. [Techniques] → [CPLD Design Techniques] → [Global Net]:
クロック、トライステート、セット/リセット

2. [Reference] → [CPLD attribute] → [CPLD attributes used in VHDL files]:

属性は以下のように設定します。
-- BUFG 属性を宣言します。
attribute bufg:string;
-- グローバル クロックの場合:
attribute bufg of my_clock : signal is "CLK";
-- グローバル トライステート出力、出力イネーブルの場合
attribute bufg of my_enable :signal is "OE";
-- グローバル セット/リセットの場合
attribute bufg of my_reset :signal is "SR";
AR# 3590
日付 01/02/2000
ステータス アーカイブ
種類 一般