AR# 36320

Virtex-6 - OSERDES で駆動される N 側の擬似差動出力がトグルしない

説明

擬似差動出力用に OSERDES を使用して OBUFDS を駆動するとき、P 側は予測通りにトグルできていますが N 側はトグルしません。

OSERDES を ODDR に、または擬似差動 I/O 規格を LVDS に置き換えると、P 側と N 側の両方が正常に機能します。
ザイリンクス FPGA は、OSERDES によって駆動される擬似差動出力をサポートしますか。

ソリューション


これは、シリコンの問題ではなく Bitgen ツールの問題です。

この問題は、ISE 12.2 で修正されています。

別の回避方法として、OBUFDS を OBUFTDS に置き換え、OSERDES の TQ 出力を OBUFTDS の T 入力に接続し、T1 ~ T4 を OSERDES のグランドに接続してください。OBUFTDS の T 入力を単にグランドするだけでは、機能しないので注意してください。
AR# 36320
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略