AR# 36364

Spartan-6 - スピード グレード -3N

説明

Spartan-6 FPGA ファミリーではスピードグレードが -3N のデバイスがサポートされています。-3N とは何ですか。

ソリューション

スピード グレードが -3N の Spartan-6 LX および LXT デバイスは、スピード グレード -3 のものと同じですが、メモリー コントローラー ブロック (MCB) のサポートの有無のが違いです。-3N スピード ファイルは独立しており -3 のスピード ファイルとことなります。つまり、ターゲットとしてデバイスですべてのタイミング解析を実行する必要があります。スピード ファイル番号は、『Spartan-6 FPGA データシート』(DS162) のスイッチ特性のセクションを参照してください。

ソフトウェア サポート :

ISE 12.3 では、ターゲット デバイスに -3N のスピード グレードが選択できます。

ISE 12.3 よりも前のバージョンでは、-3N は使用できません。-3 スピード グレードをターゲットとし、メモリ コントローラー ブロックは使用しないでください。生成されるビットストリームは -3N のデバイスでも使用できます。しかし、ISE 12.4 より、-3 と -3N は同じではなくなっています。このため、-3N のデバイスがデザインでターゲットとされている場合は、-3N を選択する必要があります。

その他の注意事項 :

  • N のデバイスでは、EDK を使用して MIG (Memory Interface Generator) または MPMC (Multi Port Memory Controller) を使用しないでください。-3N のデバイスが ISE 12.3 およびそれ以降のバージョンでターゲットとされている場合、MCB がデザインで使用されていると DRC エラーが出力されます。
  • -3N は「N3C」または「N3I」と記されています。C または I は温度グレードを示しています。
  • -3N はすべてのデバイスに適用されますが、スタンダードの -3 スピード グレードで MCB をサポートしていないデバイス (LX4 デバイス、TQG144 パッケージ、CPG196 パッケージ) は対象外です。
  • -2N というデバイスはなく、今後もリリースする予定はありません。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40532 MIG、Spartan-6 MCB - FPGA デバイスのサポート N/A N/A
AR# 36364
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール 詳細 概略