UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 3684

FPGA コンフィギュレーション : DONE ピンが HIGH にならない

説明

キーワード : configuration, xchecker, done, コンフィギュレーション

DONE ピンが Low のままになっている原因は何ですか。

ソリューション

LCA コンフィギュレーション メモリがいっぱいで、FPGA が LENGTH_COUNT で設定されている分の CCLK を受信したら、DONE は High になります。 DONE が High にならない場合、コンフィギュレーション メモリがいっぱいになっていないか、またはデバイスが十分な CCLK を受信していないということなので、次の点を確認する必要があります。
INIT は有効 (HIGH) であるのに DONE が Low のままですか。
この場合、データの読み込みに物理的に問題があります。

a) データは DIN に現れていますか。 マスタ シリアル モードでコンフィギュレーションしている場合は、PROM が実際にイネーブルされていること、データ ピンにデータが出力されていることを確認してください。

b) FPGA が十分な CCLK サイクルを受信していない可能性があります。 これは、ペリフェラル モードおよびスレーブ モード、またデイジー チェーンででよく見られる問題です。 ペリフェラル モードの場合、各バイトの最終 2 ビットは、次のバイトが FPGA に書き込まれるまで、クロックされません。 スレーブ モードおよびペリファラル モードの両方を使用するには、Makebits を -lc = aligned_lc を使って再実行します。また、Makebits を -lc = aligned_lc を使って再実行し、長さを調整します。 長さカウント調整は、ビットストリームの最終バイトの最初のビットで合わせられるように、長さを調整します。 この調整を行うと、デバイスがコンフィギュレーション プロセスを完了するのに十分なコンフィギュレーション クロックが得られます。

スレーブ モードでコンフィギュレーションしていて、CCLK が制御可能な場合、デフォルトの長さに基づいた分のクロックを送信する代わりに、DONE が High になるまでクロックを送信することもできます。

ぺリフェラル モードでコンフィギュレーションしている場合、各バイトの最終 2 ビットが、デバイスに次のバイトが書き込まれるまで、クロックを受信しない問題は、追加バイト (11111111) をデバイスに書き込むことで解決できます。

c) プリアンブルから始めて、DOUT の最初の 40 ビットは DIN の最初のビットと一致しますか。
(プリアンブルは BIT ファイルの FF20、PROM ファイルの FF04 です。 どちらの場合も、DOUT は FF20 になります。)

DIN と DOUT の間のビットの不一致がある場合、オシロスコープの CCLK および DIN のノイズをチェックします。ノイズが原因で実際の長さカウント値がくずれる場合があるためです。 CCLK のノイズによりデータ ビットのダブル クロッキングが発生することがあります。 長さカウントの "1" がダブル クロックされると、実際値の最高 2^23 倍 にもなる長さカウントになる場合があります。

d) スレーブ モードでコンフィギュレーションしていて、CCLK が制御可能な場合、送信されたクロック数をカウントする代わりに、DONE が High になるまでクロックを送信し続けます。 長さカウントが満たされた後、または DONE が High になった後に、コンフィギュレーション クロックを送信しても、デバイスは破損しません。 XChecker ケーブルを使用している場合、このケーブルで送信される CCLK 数は制御できませんが、ケーブルは常にデフォルトの長さプラス 25 の追加クロックを送信します。

e) Xchecker で次のメッセージが表示されることがあります。
"DONE pin did not go high."

次の点をチェックしてください。
1. BIT ファイルで指定されているパーツとテストしているデバイスが不一致でないか。
2. D/P ピンには 10-50K のプルアップ抵抗が必要。
3. PROM デバイスとのデータ競合がないか。

AR# 3684
日付 03/07/2007
ステータス アクティブ
タイプ 一般