AR# 37939

Spartan-6 FPGA Integrated Block Wrapper for PCI Express (AXI) - v2.1 で修正された問題

説明

このアンサーには Spartan-6 FPGA Integrated Block v2.1 Wrapper for PCI Express で修正された問題がリストされています。これはこのバージョンのコアの readme.txt にもリストされています。これらの問題は、前のバージョンのコアからのアップデートにより修正されています。

ここに挙げられていない既知の問題や修正された問題については、(ザイリンクス アンサー 45702) を参照してください。

ソリューション

修正点

  • デフォルト シミュレーション テストのアップグレード
    • CR 571633、532234
    • メモリおよび I/O の読み出しと書き込みを含めるため、デフォルト シミュレーション テストがアップグレードされました。
  • ルート ポート モデルの cfg_msg_* インターフェイス ポートの表示
    • CR 568527
    • Endpoint 製品で配布されているルート ポート モデルの最上位に cfg_msg_* ポートが表示されるようになりました。
  • VHDL インスタンシエーション テンプレートでの構文エラー
    • CR 572307
    • VHDL インスタンシエーション テンプレートの構文エラーを修正しました。
  • VHDL ルート ポート モデルで駆動されてないユーザー ノンポステッドの OK 信号
    • CR 568356
    • ユーザー ノンポステッドの OK 信号が VHDL ルート ポート モデルで駆動されていないため、メモリ読み出しトランザクションがユーザー インターフェイスに渡されない問題を修正しました。
  • ACK の送信レイテンシが長い
    • CR 565726
    • ACK の伝送遅延が大きすぎることにより、接続されたコンポーネントの Replay タイマーがトリガーしてエラーが発生していましたが、この問題は解決しました。
  • シミュレーション テストの復元
    • CR 558965
    • 以前のコアおよびサンプル デザインで使用できた PCIe テストが Spartan-6 コアに含まれていませんでしたが、使用可能となりました。
  • クラス コード ルックアップ アシスタントの追加
    • CR 525398
    • 使用するクラス コード値を判断するための支援となるクラス コード ルックアップ アシスタントを GUI に追加しました。
改訂履歴
2012/01/18 - 既知の問題をすべて 1 つのアンサーにまとめるためフォーマットを変更し、アンサー 45702 への参照を追加。ここにリストされていた問題はアンサー 45702 へすべて移動。
2010/10/26 - アンサー 37595 および 38717 を追加
2010/10/11 - Doc センターのタイトルに ''AXI'' を追加
10/05/2010 - 初期リリース

アンサー レコード リファレンス

サブアンサー レコード

関連アンサー レコード

AR# 37939
日付 05/20/2012
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
デバイス
ツール
IP