UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 38052

14.x タイミング解析 - BUFGMUX を解したクロック スキューの算出を制御する方法

説明


BUFGMUX を介したクロック スキューの算出を制御する方法を教えてください。

デザインで 2 つのクロックを BUFGMUX に入力しており、クロック スキューの算出に使用するクロック パスを制御する必要があります。クロック スキューの大きいパスはクロック ドメインをまたがっており、クロック スキューがワースト ケース クロック ドライバーに伝搬されます。これにより、BUFGMUX に不正な入力クロックが使用され、クロック スキューが大きくなります。

ソリューション


これは、PERIOD 制約の伝搬のように PRIORITY キーワードでは制御されません。クロック スキューの算出に使用する BUFGMUX への入力クロックを指定するには、BUFGMUX へのもう 1 つのクロックに PIN TIG を設定します。『制約ガイド』 (http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx14_1/cgd.pdf) の PIN 制約のセクションに例があります。

PIN mod.pin TIG;
AR# 38052
作成日 11/13/2012
最終更新日 11/13/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • ISE Design Suite - 12.3
  • More
  • ISE Design Suite - 12.4
  • ISE Design Suite - 13.1
  • ISE Design Suite - 13.4
  • ISE Design Suite - 13.3
  • ISE Design Suite - 14.1
  • ISE Design Suite - 14.2
  • ISE Design Suite - 14.3
  • ISE Design Suite - 14.4
  • Less