AR# 38105

MIG v3.3、Spartan-3A DDR2 - XC3S400a-FT256 デバイスをターゲットにした場合に dqs_int_delay_in ネットの MAXDELAY 制約がエラーになる

説明

XC3S400a-FT256 デバイスをターゲットにしている MIG DDR2 デザインをインプリメントすると、タイミング解析で MIG で生成された次の MAXDELAY 制約がエラーになります。

Timing constraint: NET "top_00/dqs_int_delay_in" MAXDELAY = 0.517 ns;

ソリューション

この警告メッセージは無視しても問題ありません。

MAXDELAY の値は、ISE 13.1 で 560ps に増加される予定です。

当面の間は、MAXDELAY 値を手動で修正してこのタイミング エラーを回避してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
37173 MIG v3.6 - ISE Design Suite 12.3 でのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
38951 MIG v3.61 - ISE Design Suite 12.4 ~ 14.2 でのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
37173 MIG v3.6 - ISE Design Suite 12.3 でのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 38105
日付 08/12/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
IP