AR# 38141

CoolRunner-II タイミング - 双方向信号の結果が Timing Analyser で間違っている

説明


双方向信号のタイミング レポートを確認すると、パスしているように見えるのですが、遅延を計算すると実際にはエラーになっています。

なぜこのエラーはハイライトされていないのですか。

ソリューション

これは既知の問題です。間違ってレポートされているパスの例は次のようになります。

Timing constraint: TS_TEST: FROM:TCK_G1:TO:TCK_G2:10.000nS

Slack: 6.500ns (requirement - data path)
Source: In_Pin
Destination: Out_Pin
Requirement: 10.000ns
Data Path Delay: 3.500ns (Levels of Logic = 6)

Data Path: In_Pin to Out_Pin
Location Delay type Delay(ns) Logical Resource(s)

In_Pin - 0.000 In_Pin
In_Pin.ZIA tIN + tHYS25 5.600 In_Pin.ZIA
Out_Pin.Q tLOGI1 + tLOGI2 + tPDI 2.300 Out_Pin.Q
Out_Pin tOUT + tOUT25 3.500 Out_Pin


遅延は 3.5ns となっていて、6.5ns のスラックになりますが、パスは実際には 5.6 + 2.3 + 3.5 = 11.4ns で、この制約は -1.4ns のスラックでエラーになるべきものです。
この問題を回避するには、ASCII レポートを使用します (解析が正しく行われている)。
ASII レポートは、コマンド ラインで次のように実行して生成することができます。

taengine -f design_name .vm6 -detail
AR# 38141
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス