UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 38165

Digital Pre-Distortion (DPD) v3.0 - ホスト インターフェイスを駆動する方法

説明

ホスト インターフェイスを駆動するにはどうすればよいでしょうか。

ソリューション


データの読み出しおよび書き込みのためにホスト インターフェイスにアクセスするには、次を参照してください。

DPD に書き込みを実行する場合、制御モード トリガーが必要です。

読み出し

ホスト インターフェイスで読み出しを実行するため、アドレス バスを提供します。

書き込み

たとえば係数をリセットするには次を実行します。
  1. データ 0x3 をアドレス 1 に書き込みます。-- 係数をリセットするため
  2. データ 0 をアドレス 2 に書き込みます。-- ポート番号 0、パスは 1 つのみ
  3. データ 0 をアドレス 0 に書き込みます。-- レジスタをトグルする準備
  4. データ 0xABCDEF12 をアドレス 0 に書き込みます。 -- レジスタをトグル

詳細は、データシート (DS767) の「DPD Host Interface Control」セクションを参照してください。

Digital Pre-Distortion (DPD) のリリース ノートおよび既知の問題は、(ザイリンクス アンサー 33521) を参照してください。
AR# 38165
作成日 09/22/2010
最終更新日 11/18/2010
ステータス アクティブ
タイプ 一般
IP
  • Digital Pre-Distortion