UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 38175

12.2 EDK - 「Terminate called after throwing an instance of 'boost::exception_detail::clone_impl」というエラー メッセージが表示される

説明


Linux 上で EDK から XFLOW を実行すると、ビットストリーム生成プロセス中に次のようなエラーメッセージが表示されます。

Mapping completed.
See MAP report file "system_map.mrp" for details.
terminate called after throwing an instance of 'boost::exception_detail::clone_impl<boost::exception_detail::error_info_injector<boost::process::system_error> >'
what(): boost::process::child::wait: waitpid(2) failed: No child processes
make: *** [__xps/system_routed] Aborted
Done!

この問題の解決方法を教えてください。

ソリューション


これは、アップデート 4.4 よりも古いアップデートがインストールされている Red Hat Enterprise Linux 4 で発生することが分かっています。

この問題を回避するには、OS を Red Hat Enterprise Linux 4.4 またはそれ以降のものにアップデートしてください。

この問題は ISE Design Suite 13.1 で修正される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 38175
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • EDK - 12.1
  • EDK - 12.2
  • EDK - 12.3