AR# 38335

13.4 PlanAhead - 「\Common was unexpected at this time」というエラー メッセージが表示されて PlanAhead を起動できない

説明

[スタート] メニューから、またはデスクトップ アイコンから PlanAhead を起動しようとしても、何も起こらず起動できません。

コマンド ラインから起動しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

\Common was unexpected at this time

何が問題ですか。

ソリューション

planAhead.bat バッチ ファイルで予期しないものがあると、このメッセージが表示されます。 


PlanAhead を起動する前にバッチ ファイルを実行すると、PATH 環境変数にいくつかのエントリーが追加されています。

この PATH 環境変数に、引用符の中にかっこを含むエントリーが 1 つまたは複数あると、この問題が発生します。 

これは、[Program Files (x86)] フォルダーにインストールされているプログラムにより PATH 環境変数にエントリーが追加されるときに、64 ビットの Windows でよくみられます (例 : PATH=C:\"Program Files (x86)"\... )。

こうしたかっこは、バッチ ファイルで、実際は終わりではないのに、ステートメントの終わりとしてみなされます。 

このため、閉じかっこの後に続くものがすべて「予期しないもの」として処理されてしまうのです。

 

この問題を回避するには、次のいずれかの手順に従ってください。

  • PATH 環境変数から引用符の中にかっこが含まれるエントリーを削除します。
  • PATH エントリーから実際の引用符を削除します。

       例 : C:\"Program Files (x86)"\QuickTime\QTSystem\ --> C:\Program Files (x86)\QuickTime\QTSystem\

  • 簡略化された PATH 設定を planAhead.bat ファイルへ追加します。
    たとえば、次の行を planAhead.bat へ追加します。

              set PATH=C:\windows\system32;

これで、PlanAhead の起動前に PATH 環境変数がリセットされ、PlanAhead の実行に必要なエントリーだけが含まれた状態でツールが起動します。

この問題は ISE Design Suite 14.1 で修正される予定です。

AR# 38335
日付 02/06/2015
ステータス アーカイブ
種類 既知の問題
ツール 詳細 概略