AR# 38542

PCI Express のデザイン アシスタント - TRN インターフェイスのパケット レイテンシの計算方法

説明


どうすれば、ブロックを介して TLP のレイテンシを計算できますか。

メモ : このアンサーは PCI Express ザイリンクス ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 34536) の一部です。PCI Express のザイリンクス ソリューション センタでは PCI Express に関する質問に対する回答を一覧できます。PCI Express を使用して新規デザインを開始したり、問題をトラブルシュートする場合には、この PCI Express のソリューション センタから正確な情報を入手してください。

ソリューション


TRN インターフェイスを介するレイテンシは、次の条件によって異なります。
  • トラフィック パターン
  • ストリーミング モード操作
  • レーン数
  • インターフェイス周波数
  • フロー制御

このため、最も正確なレイテンシ数を取得するには、予測される条件とコアのコンフィギュレーションでコアをシミュレーションするのが最適な方法です。次の 3 つの信号をシミュレーションに含めるようにすることをお勧めします。
  • trn_tsof_n
  • トランシーバーの TX DATA バス
  • トランシーバーの TX CHARISK バス

trn_tsof_n のアサートされる時間と「Start TLP」特殊文字がトランシーバーの TXDATA に表示される時間の差を計測します。通常は、レーン 0 上のはずですが、x8 の場合は レーン 0 かレーン 4 上になることもあります。「Start TLP」特殊文字とは、K27.7 = 0xFB のことです。CHARISK はこの時点でアサートされ、0xFB K 文字を示します。
改訂履歴
2011 年 7 月 30 日 - 初版

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
36049 PCI Express のデザイン アシスタント - TRN ユーザー アプリケーション インターフェイスに関する質問 N/A N/A
AR# 38542
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
IP