AR# 38625

PCI Express のデザイン アシスタント - PCI Express コアを生成するのに使用するオプション

説明

このアンサーでは、コア生成ファイルしかない場合に、PCI Express コアを生成するのに使用する CORE Generator のオプションについて説明します。

メモ : このアンサーは、PCI Express のザイリンクス ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 34536) から抜粋したものです。PCI Express のザイリンクス ソリューション センターには、PCIe に関する質問への回答が掲載されています。PCIe を使用したデザインを新しく作成する場合や、問題をトラブルシュートする場合には、この PCIe のソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション

PCI Express コアは、NGC または HDL ソース ファイルのいずれかを生成します。出力ファイルの種類に関係なく、ファイルを生成するのに使用されるオプションは生成されたファイルのみを使用して導き出すことができます。 XCO ファイルは必要ありません。

コアの生成には XCO ファイルが推奨されますが、XCO がない場合は、次の方法を使用できます。

生成されたコアが NGC ファイルの場合は、ngc2edif コマンドを実行して EDIF ファイルを作成できます。このあと、EDIF ファイルで CORE_GENERATION_INFO を検索します。 この属性は、コアを生成するのに使用したオプションを示します。

生成されたコアが HDL ソース ファイルの場合、CORE_GENERATION_INFO 属性は最上位レベルの HDL ファイルにリストされます。

改訂履歴
2011 年 7 月 30 日 - 初版

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
36174 PCI Express のデザイン アシスタント - 合成またはインプリメンテーションに関する質問 N/A N/A
AR# 38625
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
IP