AR# 38690

12.3 EDK - Base System Builder の新規 XBD フォーマット

説明

新しい XBD フォーマットに関する詳細を説明します。

ソリューション

XBD2

XBD (Xilinx Base Description) は、ボード、システム、またはサブシステムでサポートされているインターフェイスを定義します。ボード回路図の読み方が分からなかったり、ピン制約の割り当て方が分からない場合でも、XBD を使用して、EDK の Base System Builder (BSB) でシステム レベルのデザインを作成することができます。各ボードには、FPGA アーキテクチャ、ファミリ、スピード グレード、I/O リスト、I/O コンフィギュレーション、およびペリフェラル制約の情報が含まれています。

AXI デザインをターゲットにしている場合は、BSB は IP-XACT を読み込みます。IP-XACT ベースのボード ファイル セットは XBD2 と呼ばれます。XBD2 は IP-XACT で FPGA を、ボードで使用できるインターフェイスを定義するコンポーネント XML 記述としてモデルします。これで IP-XACT の知識がある場合は、デザインをアセンブルするために BSB のシステムを利用してデータ ドリブンのメカニズムを簡単に定義することができます。

IP-XACT の知識があまりない場合は、pcore 記述を取り込むために定義されている MPD フォーマットによく似た ASCII 形式のテキスト ファイルでボード記述を取り込むことができます。MPD ファイルはボード MPD として知られています。BSB のレポジトリのディスク上に IP-XACT ファイルを生成する MPDX という変換ツールがユーザーに提供されています。

制約は CSV ファイルおよびユーザーが作成できる Tcl ファイルに取り込まれます。CSV ファイルはピン制約、Tcl ファイルはタイミング制約などの複雑な制約用に提供されています。

メモ : ここで、ボード MPD と記載されている場合は MPDX 変換ツールの入力、XBD2 (IP-XACT) と記載されている場合は MPDX の出力のことを指します。

表 1 は、XBD の IO_INTERFACE 定義の IP-XACT の busDefinition XML への変換一覧です。すべての XBD2 コンポーネント XML ファイルは、この表にある busDefinitions を参照します。

表 1- IO_INTERFACES

XBD の IOTYPE対応する XBD2 IP-XACTコメント
XIL_CLOCK_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|clock|1.0クロック
XIL_RESET_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|reset|1.0リセット
XIL_TEMAC_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|gmii|1.0GMII
XIL_IIC_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|i2c|1.0IIC
XIL_MEMORY_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|ddr3_sdram|1.0DDR3 SDRAM
XIL_MEMORY_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|ddr2_sdram|1.0DDR2 SDRAM
XIL_PCI_ARBITER_V1PCI - arbitration_group - サポートされていない
XIL_PCI32_V1PCI - サポートされていない
XIL_PCIE_V1PCI Express - サポートされていない
XIL_CPUDEBUG_V1JTAG - サポートされていない
XIL_TRACE_V1なし
XIL_ETHERNET_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|mii|1.0MII
XIL_GPIO_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|gpio|1.0GPIO
XIL_EMC_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|flash_nor|1.0NOR フラッシュ
XIL_PS2_V1なし
XIL_SPI_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|spi|1.0
XIL_SYSACE_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|sysace|1.0
XIL_TFT_V1なし
XIL_UART_V1xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|uart|1.0UART


XBD2 ファイルには、spirit:busInterface エレメントが多く含まれていて、それぞれボードのハードウェア モジュールに対応しています。このモジュール タイプは spirit:busDefinition の VLNV を使用して指定されています。 VLNV 文字列は、このモジュールと通信する IP と一致させるために使用されます。

表 1 は V|L|N|V フォーマットで VLNV を定義しています。「V」は spirit:vendor を指し、ベンダー名を指定します。「L」は spirit:library で、ベンダーのライブラリ カタログを指定します。「N」は spirit:name で、ボード名を表します。最後の「V」は spirit:version で、リビジョン番号を指定します。

1.1 MPDX

ボード MPD 入力ファイルがあれば、MPDX で BSB 用に IP-XACT 同等のレポジトリ ファイルが生成されます。

デザイン要件を満たすため、BSB には 2 つの IP-XACT ファイルが必要になります。 1 つは、ポートの方向、幅、名前を指定する I/O インターフェイスの RTL 記述ファイルです。この RTL ファイル名は <board>.xml です。このファイルを生成するためのコマンド ラインは次のようになります。

% mpdx -mpd_data board -ipx_data rtl board.mpd

もう 1 つのファイルは、システムを高位記述する BSB_Component.xml です。このファイルを生成するためのコマンド ラインは次のようになります。

% mpdx -mpd_data board -ipx_data hurri board.mpd

1.2 ボード MPD

次は、ボード MPD の各エレメントの詳細な説明と例です。

パラメータおよびポートに関し、論理記述から物理的記述へのマッピングは IO_IS および IO_IF タグで定義されます。 マッピング名は高位コンポーネントの IP-XACT 記述からのものです。パラメータ名は <interfaceName>_paramName、ポート名は <interfaceName>_portName という命名規則に従って付けられます。タグ IO_IF は <interfaceName> の後に続きます。IO_IS は、高位コンポーネント内のパラメータに対し定義されている spirit:id と同じです。高位 IP-XACT コンポーネント ファイルは $XILINX_EDK/data/wizards/ipxact/hurri/xilinx.com/components/ にあります。

1.3 ボード オプション

これは、V|L|N|V フォーマットで定義されます。
  • 「V」は spirit:vendor で、ベンダー名を指定します。ツールはこのエレメントを使用してベンダー名に基づいてボード ファイルをソートします。
  • 「L」は spirit:library で、ベンダーのライブラリ カタログを指定します。
  • 「N」は spirit:name で、ボード名を表します。ボードが選択されたときにツールでこの名前が表示されます。
  • 「V」は spirit:version で、XBD2 ファイルを表すボードのリビジョン番号を指定します。

例 :

OPTION VLNV = xilinx.com|bsb_lib.boards|sp605|C


1.4 リファレンス クロック

IO_INTERFACE IO_IF = gclk, IO_TYPE = xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|clock|1.0
PARAMETER refclk_frequency_0 = 200000000, DT = LONG, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = clock_0, IO_IS = frequency
PORT GCLK = "", DIR = I, IO_IF = gclk, IO_IS = CLK, SIGIS=CLK, ASSIGNMENT=REQUIRE

1.5 リファレンス リセット

IO_INTERFACE IO_IF = rst_1, IO_TYPE = xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|reset|1.0
PARAMETER reset_polarity = 1, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = reset_0, IO_IS = RST_POLARITY
PORT RESET_N = "", DIR = I, IO_IF = rst_1, IO_IS = RESET, SIGIS=RST, ASSIGNMENT=REQUIRE

1.6 UART

IO_INTERFACE IO_IF = RS232_Uart_1, IO_TYPE = xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|uart|1.0
PORT RS232_Uart_1_sout = "", DIR = O, IO_IF = RS232_Uart_1, IO_IS = sout
PORT RS232_Uart_1_sin = "", DIR = I, IO_IF = RS232_Uart_1, IO_IS = sin

1.7 GPIO

IO_INTERFACE IO_IF = DIP_Switches_8Bits, IO_TYPE = xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|gpio|1.0
PARAMETER DIP_Switches_8Bits_GPIO_WIDTH_ID = 8, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = DIP_Switches_8Bits, IO_IS = C_GPIO_WIDTH
PARAMETER DIP_Switches_4Bits_ALL_INPUTS_ID = 1, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = DIP_Switches_8Bits, IO_IS = C_ALL_INPUTS
PARAMETER DIP_Switches_4Bits_IS_DUAL_ID = 0, DT = STRING, IO_IF = DIP_Switches_4Bits, IO_IS = C_IS_DUAL

PORT DIP_Switches_8Bits_TRI_I = "", DIR = I, VEC = [7:0], IO_IF = DIP_Switches_8Bits, IO_IS = TRI_I

1.8 DDR2 SDRAM

IO_INTERFACE IO_IF = MCB_DDR2, IO_TYPE = xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|ddr2_sdram|1.0

PARAMETER C_MEM_PARTNO_ID = EDE1116AXXX-8E, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_PARTNO
PARAMETER C_BYPASS_CORE_UCF_ID = 0, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_BYPASS_CORE_UCF
PARAMETER C_MEM_TRAS_ID = 45000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_TRAS
PARAMETER C_MEM_TRCD_ID = 12500, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_TRCD
PARAMETER C_MEM_TRFC_ID = 127500, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_TRFC
PARAMETER C_MEM_TRP_ID = 12500, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_TRP
PARAMETER C_MEM_TRP_ID = 12500, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_TRP
PARAMETER C_MEM_TYPE_ID = DDR2, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_TYPE
PARAMETER C_MEM_BURST_LEN_ID = 4, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_BURST_LEN
PARAMETER C_MEM_CAS_LATENCY_ID = 5, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_CAS_LATENCY
PARAMETER C_MEM_DDR2_RTT_ID = 50OHMS, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_DDR2_RTT
PARAMETER C_MEM_DDR2_DIFF_DQS_EN_ID = YES, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MEM_DDR2_DIFF_DQS_EN
PARAMETER C_MCB_RZQ_LOC_ID = L6, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MCB_RZQ_LOCPARAMETER C_MCB_ZIO_LOC_ID = C2, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = C_MCB_ZIO_LOCPARAMETER MEMORY_0_BASEADDR_ID = 0x00000000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = MEMORY_0_BASEADDR
PARAMETER MEMORY_0_HIGHADDR_ID = 0x07ffffff, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = MEMORY_0_HIGHADDR

PORT mcbx_dram_clk = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = clk
PORT mcbx_dram_clk_n = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = clk_n
PORT mcbx_dram_cke = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = cke
PORT mcbx_dram_odt = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = odt
PORT mcbx_dram_ras_n = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = ras_n
PORT mcbx_dram_cas_n = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = cas_n
PORT mcbx_dram_we_n = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = we_n
PORT mcbx_dram_ldm = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = ldm
PORT mcbx_dram_udm = "", DIR = I, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = udm
PORT mcbx_dram_ba = "", DIR = I, VEC = [2:0], IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = ba
PORT mcbx_dram_addr = "", DIR = I, VEC = [12:0], IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = addr
PORT mcbx_dram_dq = "", DIR = IO, VEC = [15:0], IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = dq
PORT mcbx_dram_dqs = "", DIR = IO, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = dqs
PORT mcbx_dram_dqs_n = "", DIR = IO, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = dqs_n
PORT mcbx_dram_udqs = "", DIR = IO, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = udqs
PORT mcbx_dram_udqs_n = "", DIR = IO, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = udqs_n
PORT rzq = "", DIR = IO, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = rzq
PORT zio = "", DIR = IO, IO_IF = MCB_DDR2, IO_IS = zio

1.9 NOR FLASH

IO_INTERFACE IO_IF = Linear_Flash, IO_TYPE = xilinx.com|bsb_lib.rtl_busdefs|flash_nor|1.0

PARAMETER Linear_Flash_PHY_TYPE_0 = Linear Flash, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = PHY_TYPE
PARAMETER Linear_Flash_MEM_WIDTH_0 = 16, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = MEM_WIDTH
PARAMETER Linear_Flash_MEM_SIZE_0 = 33554432, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = MEM_SIZE
PARAMETER Linear_Flash_TCEDV_PS_0 = 130000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = TCEDV_PS
PARAMETER Linear_Flash_TAVDV_PS_0 = 130000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = TAVDV_PS
PARAMETER Linear_Flash_THZCE_PS_0 = 35000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = THZCE_PS
PARAMETER Linear_Flash_THZOE_PS_0 = 7000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = THZOE_PS
PARAMETER Linear_Flash_TWC_PS_0 = 13000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = TWC_PS
PARAMETER Linear_Flash_TWP_PS_0 = 70000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = TWP_PS
PARAMETER Linear_Flash_TLZWE_PS_0 = 35000, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = TLZWE_PS
PARAMETER Linear_Flash_EXCLUSIVE = SPI_FLASH, DT = STRING, ASSIGNMENT=CONSTANT, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = EXCLUSIVE

PORT Linear_Flash_address = "", DIR = O, VEC = [0:23], IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = address
PORT Linear_Flash_data = "", DIR = IO, VEC = [0:15], IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = data
PORT Linear_Flash_ce_n = "", DIR = O, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = ce_n
PORT Linear_Flash_oe_n = "", DIR = O, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = oe_n
PORT Linear_Flash_we_n = "", DIR = O, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = we_n
PORT Linear_Flash_reset = "", DIR = O, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = reset
PORT Linear_Flash_adv_n = "", DIR = O, IO_IF = Linear_Flash, IO_IS = adv_n

2. 制約の定義

制約は CSV ファイルおよび Tcl ファイル (ユーザーが提供) に記述されます。CSV ファイルはピン制約、Tcl ファイルはタイミング制約などの複雑な制約用に提供されています。CSV のファイル名は <board>_pins.csv、Tcl のファイル名は <board>.tcl になります。

XBD2 制約は、デザインのトポロジを定義する IP-XACT データ モデルへの TGI 呼び出しで指定します。ピン ロケーション制約は、コンポーネント XML の spirit:model 内の spirit:port エレメントに関連付けられています。制約は UCF フォーマットで配布されます。

2.1 制約配布もです





2.2 CSV ピン ファイル

FPGA デザインでのピン ロケーションの記述に Excel がよく使用されます。BSB では次の基準に従っています。CVS には、「Pin Name」および「Pin Index」の 2 つの列が必須です。「LOC」などのほかの列はオプションです。ほかのピン プロパティは、列の追加/削除で簡単に追加したり削除することができます。「Pin Name」はボード MPD ファイルで使用されている名前を一致する必要があります。

Pin Name,Pin Index,LOC,DRIVE,IOSTANDARD,SLEW,TIG

CLK_P,,K15,,,,
CLK_N,,K16,,,,
RESET,,N4,,,,TIG
RS232_Uart_1_sout,,L12,,,,
RS232_Uart_1_sin,,K14,,,,
RS232_Uart_1_ctsN,,U10,,,,
RS232_Uart_1_rtsN,,T5,,,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,0,D14,,LVCMOS25,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,1,E12,,LVCMOS25,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,2,F12,,LVCMOS25,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,3,V13,,LVCMOS25,,

2.3 TCL

現在、BSB では Tcl を介した TGI 呼び出しがサポートされています。TGI 呼び出しは IP-XACT 1.4 の資料で定義されています。

Tcl および ConstraintMan

bsb:defineAttribute { strPinName strAttName strAttValue }

bsb:addRawUcf { strUcf }

2.3.1.1 例

スクリプトでの CSV ピン ファイルの使用方法は次のとおりです。

# nCHandle is instance pointer of ConstraintManager
# nComIdXbd is the SP605
# nDesignID is the HURRI design

proc RunUcfConstraintGen { nCHandle nComIdXbd nDesignId } {
set nResult 0

if { $nCHandle eq "" } {
return $nResult
}

if { $nComIdXbd eq "" } {
return $nResult
}

if { $nDesignId eq "" } {
return $nResult
}

set bApiStatus [ tgi::init "1.0" "fail" "Client connected" ]
if { $bApiStatus == 0 } {
return 1
}

# Repository path
set strRepoDirPath [ bsb::getRepoDirPath $nCHandle ]

# Pin Constraints
set strCsvFilePath [ file join $strRepoDirPath "sp605_pins.csv" ]
set nResult [ \
bsb::registerPinData $nCHandle $nComIdXbd $nDesignId $strCsvFilePath \
]

if { $nResult != 0 } {
return $nResult
}

return $nResult

}

3. デモ手順

サンプルのボード MPD、sp605.mpd、sp605_pins.csv、sp605.tcl を使用してこのデモは実行されています。

ボード IP-XACT ファイルを生成します。
% mpdx -mpd_data board -ipx_data rtl sp605.mpd

BSB_Component IP-XACT ファイルを生成します。
% mpdx -mpd_data board -ipx_data hurri sp605.mpd

BSB_Component.xml、sp605.xml、sp605_pins.csv、sp605.tcl を EDK インストールの下にある IPXACT ボード エリアにコピーします ($XILINX_EDK/board/Xilinx/ipxact/sp605_v1_0/data など)。

または、これらのファイルを EDK プロジェクト エリアにコピーします。たとえば <project_directory>/boards/sp605/data などです。

サンプル ファイルへのリンクは次のとおりです。
ar38690_example_files.zip

制約は CSV ファイルおよび Tcl ファイル (ユーザーが提供) に記述されています。CSV ファイルはピン制約、Tcl ファイルはタイミング制約などの複雑な制約用に提供されています。CSV のファイル名は <board>_pins.csv、Tcl のファイル名は <board>.tcl になります。XBD2 制約は、デザインのトポロジを定義する IP-XACT データ モデルへの TGI 呼び出しで指定します。ピン ロケーション制約は、コンポーネント XML の spirit:model 内の spirit:port エレメントに関連付けられています。制約は UCF フォーマットで配布されます。FPGA デザインでのピン ロケーションの記述に Excel がよく使用されます。BSB では次の基準に従っています。CVS には、「Pin Name」および「Pin Index」の 2 つの列が必須です。「LOC」などのほかの列はオプションです。ほかのピン プロパティは、列の追加/削除で簡単に追加したり削除することができます。「Pin Name」はボード MPD ファイルで使用されている名前を一致する必要があります。

CLK_P,,K15,,,,
CLK_N,,K16,,,,
RESET,,N4,,,,TIG
RS232_Uart_1_sout,,L12,,,,
RS232_Uart_1_sin,,K14,,,,
RS232_Uart_1_ctsN,,U10,,,,
RS232_Uart_1_rtsN,,T5,,,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,0,D14,,LVCMOS25,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,1,E12,,LVCMOS25,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,2,F12,,LVCMOS25,,
DIP_Switches_4Bits_TRI_I,3,V13,,LVCMOS25,,

現在、BSB では Tcl を介した TGI 呼び出しがサポートされています。TGI 呼び出しは IP-XACT 1.4 の資料で定義されています。

スクリプトでの CSV ピン ファイルの使用方法は次のとおりです。

# nCHandle is instance pointer of ConstraintManager
# nComIdXbd is the SP605
# nDesignID is the HURRI design

proc RunUcfConstraintGen { nCHandle nComIdXbd nDesignId } {

set nResult 0



if { $nCHandle eq "" } {
return $nResult}

if { $nComIdXbd eq "" } {
return $nResult }

if { $nDesignId eq "" } {
return $nResult }
set bApiStatus [ tgi::init "1.0" "fail" "Client connected" ]

if { $bApiStatus == 0 } {
return 1 }

# Repository path
set strRepoDirPath [ bsb::getRepoDirPath $nCHandle ]

# Pin Constraints
set strCsvFilePath [ file join $strRepoDirPath "sp605_pins.csv" ]
set nResult [ \ bsb::registerPinData $nCHandle $nComIdXbd $nDesignId $strCsvFilePath \ ]

if { $nResult != 0 } {
return $nResult }
return $nResult}

サンプルのボード MPD、sp605.mpd、sp605_pins.csv、sp605.tcl を使用してこのデモは実行されています。

ボード IP-XACT ファイルを生成します。

% mpdx -mpd_data board -ipx_data rtl sp605.mpd

BSB_Component IP-XACT ファイルを生成します。

% mpdx -mpd_data board -ipx_data hurri sp605.mpd

BSB_Component.xml、sp605.xml、sp605_pins.csv、および sp605.tcl を EDK インストールの下にある IPXACT ボード エリアにコピーします。たとえば、$XILINX_EDK/board/Xilinx/ipxact/sp605_v1_0/data です。

または、これらのファイルを EDK プロジェクト エリアにコピーします。たとえば、<project_directory>/boards/sp605/data です。

サンプル ファイルへのリンクは次のとおりです。
ar38690_example_files.zip

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 38690
日付 03/05/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール