AR# 38833

12.1 EDK - SP605 または ML605 ボードで Platform Flash XL を使用する方法

説明


エンベデッド デザインで Platform Flash XL を使用したいのですが、Base System Builder で P30 を使用するように設定されます。

Platform Flash XL を使用するにはどうすればよいでしょうか。

ソリューション

Platform Flash XL を使用するには、ML605 デザインに次の変更を加える必要があります。

  1. MHS ファイルへの変更 :
    • P30_CS_SEL (fpga_0_FLASH_CE_inverter_Res_pin) をグランドに接続します。
    • FPGA_FCS_B (デザインの新規信号) をメモリ コントローラの CEN ピンに接続します。
    • Mem_ADV_LDN ポートをメモリ コントローラに追加します。
    • Mem_ADV_LDN_net (デザインの新規信号) を PLATFORMFLASH_L_B ピンに接続します。
  2. 信号名に基づいて次の内容を UCF に追加します。

    Net fpga_0_FLASH_CE_inverter_Res_pin LOC=AJ12 | IOSTANDARD=LVCMOS25;
    Net fpga_0_FLASH_Mem_ADV_LDN_pin LOC=AC23 | IOSTANDARD=LVCMOS25;
    Net fpga_0_FLASH_Mem_FPGA_FCS__B_pin LOC=Y24 | IOSTANDARD=LVCMOS25;
  3. Flashwriter を 1 度実行して、プロジェクトの etc ディレクトリに flash_params.tcl を自動作成します。Flashwriter が完了したら、etc/flash_params.tcl を開き、次の行を追加し、ファイルを保存してから閉じます。

    set XILINX_PLATFORM_FLASH 1
  4. XPS/SDK プロジェクトから Bash シェルを開き、コマンド ラインから Flashwriter を実行します。こうすると、Flashwriter で新しい flash_params.tcl ファイルは出力されずに、etc ディレクトリに保存したファイルが使用されます。

    prompt> xmd -tcl flashwriter.tcl

    サンプル プロジェクトが提供されています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 38833
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
Boards & Kits 詳細 概略