UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 39660

13.1 およびそれ以前のバージョン - ChipScope Inserter で間違った数のブロック RAM レポートされるデバイスがある

説明


ISE Design Suite 13.2 より古いバージョンの ISE では、ChipScope Core Inserter でブロック RAM の使用率の予測が間違っていることがあります。

たとえば、幅が 64、深さが 1024 の ILA コアが挿入されると、ブロック RAM のサイズが 64x1K になります。つまり、4 つの 18K ブロック RAM が使用される計算になります (64x1K/18K = 3.6 ブロック RAM)。しかし、Core Inserter では予測使用数が 2 つになっています。デザインを配置および配線した後、実際には ILA コアには 4 つのブロック RAM が使用されています。

何が問題でしょうか。

ソリューション


これは ISE 13.2 より古いバージョンでの ChipScope Inserter の既知の問題です。ChipScope Inserter の BlockRAM Estimator は、ILA コアの合計使用率の予測に RAMB36 の数をカウントします。RAMB36 ブロックがないデバイスの場合、たとえば Spartan-6 FPGA の場合は RAMB18 ブロックが使用されるので、この予測が正確にならないケースがあります。

この問題は ChipScope Inserter 13.2 およびそれ以降のバージョンで修正されています。
AR# 39660
日付 05/19/2012
ステータス アーカイブ
種類 既知の問題
ツール
  • ChipScope Pro - 12.3
  • ChipScope Pro - 12.4
  • ChipScope Pro - 13
  • ChipScope Pro - 13.1
このページをブックマークに追加