AR# 39667

12.1 EDK - 「ERROR: Debug Operation Not Supported on the Target」というエラー メッセージが表示される

説明


デバッグ プロセスをリセットした後にプログラムをダウンロードすると、次のエラー メッセージが表示されます。

"Unexpected error while launching program: ERROR: Debug operation not supported on the Target. Microblaze Pipeline Stalled on a Blocking Insruction or Invalid Bus Access. Stalled PC: 0x00000000"
または
"Unexpected error while launching program: ELF Verify failed. Please check if memory is working properly."

この問題の回避策を教えてください。

ソリューション


ソリューション 1

MicroBlaze プロセッサでハードウェア ブレークポイントが選択されていないときにこのエラーが発生します。XMD でリセット コマンドが出力されると、MicroBlaze プロセッサに対し停止コマンドも出力されます。この停止コマンドにはハードウェアのブレークポイントが必要です。この問題を解決するには、ハードウェア プレークポイントが少なくとも 1 つ 選択されるように MicroBlaze プロセッサをコンフィギュレーションします。

ソリューション 2

ブロック RAM メモリ マップ (.bmm) ファイルと間違ったビットストリーム (.bit) が関連付けられているときにもこの問題が発生します。BMM ファイルと BIT ファイルの両方が同じインプリメンテーション フローで生成されていることを確認してください。たとえば、プロセッサ システム (.xmp) を含む ISE デザインのインプリメンテーション中に生成された BMM ファイルと、EDK で生成されたビットストリームを使用している場合、この問題が発生する可能性があります。

ソリューション 3

MicroBlaze プロセッサがリセットの状態に保持されているときにも発生する可能性があります。選択されているリセット極性が正しく、UCF に正しいピンのセットとリセットおよびクロック信号向けの LOC 制約が含まれていることを確認してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 39667
日付 01/23/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
IP