UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 39795

Serial RapidIO v5.5 - 破損したパケットがユーザー インターフェイスに到達

説明

v5.5 Serial RapidIO コアで、PHY を通過した破損パケットがバッファに渡され、その後ユーザー インターフェイスに到達するケースがあります。このエラーが原因で、EOF 信号がアサートされる前に論理レイヤーに指定されているパケット サイズよりも大きなデータが到達します。

ソリューション

これは、RapidIO コア内の物理レイヤーでの問題が原因で発生します。この問題は、v13.1 でリリースされる予定の v5.6 のコアで修正される予定です。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40519 Serial RapidIO v5.6 - ISE Design Suite 13.1 でのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 39795
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Spartan-6 LXT
  • Virtex-5 FXT
  • Virtex-5 LXT
  • More
  • Virtex-5 SXT
  • Virtex-5 TXT
  • Virtex-6 CXT
  • Virtex-6 HXT
  • Virtex-6 LXT
  • Virtex-6 SXT
  • Less
ツール
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • ISE Design Suite - 12.3
  • ISE Design Suite - 12.4
IP
  • Serial RapidIO
このページをブックマークに追加