AR# 40092

XST デザイン アシスタント - IOB レジスター

説明

IOB レジスターについてはこのアンサーを参照してください。

メモ : このアンサーは XST ザイリンクス ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 38927) の一部です。 XST のザイリンクス ソリューション センターには、XST に関するすべての質問が集められています。XST を使用したデザインを新しく作成する場合や、問題をトラブルシュートする場合には、この XST のソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション


IOB または IOLOGIC ストラクチャーにはレジスターがあります。入力レジスター (入力パッドに接続されているレジスター) および出力レジスター (出力パッドに接続されているレジスター) は IOB または IOLOGIC にパックすることができます。IOB レジスターには I/O パッドへの最小配線遅延があり、固定のセットアップおよび clock-to-out タイムを提供しています。 つまり、IOB レジスターの使用は入力/出力タイミング パフォーマンスの改善に役立ちます。しかし、内部ロジックへの配線遅延が長くなる可能性があるため、内部タイミングに悪影響があることもあります。


XST の IOB 制約は合成プロセスでの IOB レジスター使用率をコントロールします。IOB 制約のデフォルト値は auto で、つまり、タイミング制約が XST で考慮され、自動的にレジスターを IOB にプッシュするかどうかが決定されます。これはグローバルに適用されるか、または特定のエンティティ、モジュール、レジスターに適用されます。XST 制約の適用については、ザイリンクス アンサー 39749 を参照してください。


レジスターが IOB/IOLOGIC へパックされなくなる制限事項がいくつかあります。
  • I/O コンポーネントにパックできるようにするには、このレジスターを I/O バッファに接続しておく必要があります。レジスターがデバイスに駆動するリソースはないので、出力フリップフロップは出力バッファのみを駆動するはずです。
  • このレジスターの制御信号は、I/O コンポーネントにあるほかのレジスターの制御信号と互換性がある必要があります。
  • I/O レジスターが I/O ロジックのほかのものとは異なる階層にある場合、I/O レジスターのパックは KEEP HIERARCHY 制約によってブロックされる可能性があります。
  • I/O レジスターと I/O バッファ間のネットにある KEEP ネット制約によって I/O コンポーネントのパックができなくなる可能性があります。


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
38927 XST に関するザイリンクス ソリューション センター N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40085 XST のデザイン アシスタント - パフォーマンスに関する注意事項 N/A N/A
AR# 40092
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般