UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 40093

XST デザイン アシスタント - FSM (有限ステート マシン)

説明

FSM (有限ステート マシン) についてはこのアンサーを参照してください。

メモ : このアンサーは XST ザイリンクス ソリューション センター (ザイリンクス アンサー 38927) の一部です。 XST のザイリンクス ソリューション センターには、XST に関するすべての質問が集められています。XST を使用したデザインを新しく作成する場合や、問題をトラブルシュートする場合には、この XST のソリューション センターから情報を入手してください。

ソリューション


XST は有限ステート マシン (FSM) を RTL コードから抽出し、ステート数および入力数に基づいて再エンコードすることでその FSM を最適化します。



FSM が抽出されると、[HDL Synthesis] ステージで次のようなメッセージが表示されます。



また、[Low Level Synthesis] ステージでどのエンコーディング アルゴリズムが使用されているかを知らせる次のようなメッセージが表示されます。







FSM 最適化の制御に使用される XST オプションはいくつかあります。
  • FSM_extract
    • RTL コードから FSM を抽出するかどうかを設定します。
  • FSM_encoding
    • どの FSM エンコーディング アルゴリズムを使用するかを指定します。デフォルト値は auto で、各 FSM に最も適したエンコーディングが自動的に検出されます。
  • FSM_style
    • FSM、LUT、または BRAM をインプリメントするのにどのタイプのリソースを使用するかを指定します。デフォルト値は LUT です。これを BRAM に設定し、ブロック RAM に大型の FSM をインプリメントすることで、より高速でコンパクトな FSM にすることができます。
  • Safe_implementation
    • FSM をセーフ モードでインプリメントするかどうかを設定します。無効ステートからステート マシンを回復させる FSM インプリメントにロジックを XST で追加することができます。デフォルトでは、回復ステートにリセット ステートが XST で使用されます。しかし、Safe_recovery_state 制約を使用して、どのステートでも回復ステートとして使用することができます。
  • Safe_recovery_state
    • FSM がセーフ インプリメンテーション モードでインプリメントされているときに使用する回復ステートを定義します。Safe_recovery_state が指定されていない場合は、リセットが回復ステートとして使用されます。

XST 制約の適用については、(ザイリンクス アンサー 39749) を参照してください。FSM に関する XST 制約の詳細は、『XST ユーザー ガイド』および (ザイリンクス アンサー 38931)) を参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
38927 XST に関するザイリンクス ソリューション センター N/A N/A

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
40085 XST のデザイン アシスタント - パフォーマンスに関する注意事項 N/A N/A
AR# 40093
日付 02/24/2013
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加