AR# 40139

12.1 EDK - 「make: *** [implementation/mb0_xps_reg_if_cntlr_wrapper.ngc] Segmentation fault」というエラー メッセージが表示される

説明


次の XPS セグメンテーション エラーが表示されるのはなぜですか。

Error 1:
Writing (top-level) BMM ...
make: *** [implementation/mb0_xps_reg_if_cntlr_wrapper.ngc] Segmentation fault
Done!
where mb0_xps_reg_if_cntlr is an instance of xps_bram_if_cntlr

Error 2:
Writing (top-level) BMM ...
make: *** [implementation/mb0_xps_reg_if_cntlr_wrapper.ngc] Segmentation fault
make: *** Deleting file `implementation/mb0_xps_reg_if_cntlr_wrapper.ngc'
Done!

ソリューション


ブロック RAM コントローラーに BRAM_block が接続されていない場合に最初のエラーは出力されます。BMM ファイルに生成には、ブロック RAM の正確に設定する必要があるので、物理的ブロック RAM がないとこの問題が発生します。

この問題のソリューションは次のとおりです。
  • カスタム ロジックで同じブロック RAM を使用する必要がある場合、bram_block の 1 つのポートをブロック RAM コントローラーに接続し、もう 1 つのポートをカスタム ロジックで使用します。
  • ブロック RAM がカスタム ロジック専用の場合 (そしてその中にプロセッサー コードが保存されない場合)、ユーザー アドレズ メモリー スペースの使用を考慮してください。詳細は、Create/Import Peripheral Wizard フローを参照してください。

2 番目のエラーは次のシナリオで発生します。
  • 1 つのプロセッサーに複数の ilmb および dlmb コントローラーが接続されています。
  • これらのコントローラーの 1 つが、同じメモリーに対し ilmb と dlmb の間で bram_block を共有していません。

v12.4 では制限があり、2 つのコントローラーが同じ bram_block にマップされていないと、1 つの ilmb および dlmb コントローラーしか使用できないようになっています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
34609 EDK 12.x - アンサーのリスト N/A N/A
AR# 40139
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
IP